採用情報

先輩社員の声:営業1課

営業部第2課 係長 包装管理士 堀場 雅司 勤続年数:18年

ヒラダンに入社した理由は?

段ボールは実にさまざまな会社で使用されています。例えば食品業界ひとつをとっても、商品は、農家から市場へ、市場からスーパーマーケットへ運ばれますね。それが衣料品や機械部品に変わっても、段ボールは欠かせない梱包材です。産業界で必ず必要なモノですから、企業として安定した成長が見込めると考えてヒラダンを志望しました。私が就職活動をした当時は父の実家がある東区に本社があり、親しみを感じていたことも理由の一つです。

営業1課と2課の違いは何ですか?

営業の仕事は大きくわけて2つあり、ルート営業と新規開拓です。営業部は1課、2課、ともに2つの営業業務を行っており、違いは担当エリアくらいです。小ロットから大口注文まで、長期にわたる商品企画から急ぎの短期納品まで、幅広く柔軟に対応できる当社は、名古屋市を拠点に、東海三県、関西方面、北陸地域の一部を含む広域を商圏としています。その広い営業エリアの中でも、2課は遠方との取引が多く、私自身、奈良県のお客様も担当しています。

営業部に配属された新人の仕事とは?

営業部の新入社員の仕事は、まず、先輩社員が担当しているお客様を引き継ぐことからはじまります。 先輩の営業活動に同行し、間近で仕事のやり方を見て徐々に内容を覚えていきます。 引き継ぎが終わると先輩の同行がなくなり、一人で担当するようになりますが、先輩や上司が陰ひなたでサポートします。 ルート営業では、間違いなくご要望にお応えし拡販を進めること。 新規開拓では、段ボールを使っている会社であれば飛び込み営業をすることもあります。 いずれにしても、新入社員が一人で悩みを抱え込まないようフォローしているので、お客様から後輩社員を褒められたりすると、自分のこと以上にうれしいですね。

管理職として、新人教育で気をつけていることは?

最初のうちは親切ていねいに仕事を教えますが、徐々に育ってくると、あまり口出しをしないよう心がけています。 なぜなら、成功体験をたくさんつくってほしいからです。 上司に言われてやった仕事ではなく、「自分の力でできた」という実感を得て自主性を養い、ゆくゆくは私たちが思いもつかないような、新しい分野に切り込んでいける営業になってほしいですね。 ただ、毎朝のミーティングで顔を合わせたとき、「今日は少し雰囲気が暗いな」、「体調悪いのかな」といった表情の変化があれば、こちらから声をかけるようにしています。

入社希望の方へメッセージをどうぞ。

私自身が入社動機として挙げたように、段ボールはあらゆる業種で使われているため、将来的な可能性が広がる業界です。 当社は業界最大手ではありませんが、かえってお客様個々のニーズに応える柔軟な営業を持ち味としており、コアなファンを数多く獲得していますので、経営は安定しています。 また、お客様の業種が多岐にわたるため、いろいろな業界のバックグラウンドを垣間みることができるのは、勉強になりますし、面白いですよ。